住まいのあれこれを学べる!賃貸住宅フェアとは?

この記事をシェアする

ユニークな展示や講演にも注目

見逃せないユニークなコーナー

基本的にはオーナーや管理会社向けの展示が多い賃貸住宅フェアですが、中には気楽に楽しめるユニークなコーナーもたくさんあります。

例えば、DIY実践特設ステージというものがありました。
家具の制作や簡単なリフォームを検討中の方にはとても参考になる実演です。
自分自身で材料を集めてリフォームを行うことができれば、外部の業者に委託した場合に比べ、格段に費用を抑えることができます。
多くの来場者が集まり、参考にしていたようです。

また、芸能人による講演が行われることもあるようです。
芸能人の方は、テレビやライブなどのメインの仕事のかたわら、その蓄財を生かして、マンション経営などに挑戦する方も少なくありません。
そこでの失敗談や、成功経験などを、芸能のこぼれ話なども交えながら話してくれるので、楽しみながら賃貸経営を勉強することができますね。

賃貸住宅フェアを生かすための注意点

賃貸住宅フェアに実際に行くときに一点注意すべきは、「スケジュールに余裕を持って、計画的に見学する」ということです。
すでに紹介したように、会場には実に数多くの出展があります。
そして、様々な専門家による講演を聞くこともできます。
それらすべての情報を完全に吸収することは現実的ではありませんが、とはいえせっかくの機会ですから、なるべくたくさんの情報を得て帰りたいですね。

二日連続開催の場合は、念のために二日とも予定を空けておき、一日目に絶対に確認しておきたいブースを周り、周りきれなかった気になるブースや講演を二日目に見にいく、といった作戦もいいかもしれません。
実際来場してみると、会場前に長蛇の列ができるほど、来場者も殺到し、思うように動けない可能性が高いです。
あらかじめ内容を確認し、計画的に見学するようにしましょう。



PAGE
TOP